ドッグフードと健康

ドッグフードを選ぶ際には、なによりもワンちゃんの健康に配慮してあげることが大事ですよね。
しかし、具体的にどのようなことに気をつければいいのでしょうか?ワンちゃんの健康管理において、大切なことのひとつがアレルギー対策です。


人間にも、食物アレルギーの人がいるように、ワンちゃんにも、特定の食べ物に反応して、アレルギー症状を起こしてしまう場合がありますので、注意しましょう。
よくあるアレルゲンとなる食材には、牛肉や豚肉などの肉類、そして、魚や卵、また、大豆のほか、大麦やトウモロコシといった穀類などもあります。
どの食物がそのワンちゃんに合わないかということを知るために、動物病院で検査をしてもらいましょう。
そして、アレルゲンが判明したら、その食物を含まないドッグフードを食べさせることが大切です。


また、アレルギー以外にもドッグフードでワンちゃんの健康に悪影響を与えてしまう場合があります。
それは、添加物など、有害な物質を含んでいるドッグフードが多いからです。
このようなドッグフードは、とくに安いものにありがちですので、安いからといって安易に利用しないようにしましょう。
注意すべき添加物の一例としてエトキシキンやブチルヒドロキシアニソール、また、ブチルヒドロキシントルエンなどがあります。


そして栄養面では、ドライタイプとウェットタイプに分けて考えることができます。
ウェットタイプのほうがおいしそうに食べてくれるし、栄養もあるのではないかと思われがちですが、実は、栄養価が高いのはドライタイプのほうです。


<特選サイト>
添加物など、有害な物質は一切含んでいないドッグフードの通販サイトです・・・無添加ドッグフード

Copyright © 2014 安全なドッグフードの選び方 All Rights Reserved.